Gute Reise !

gutereise.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 17日

雪兎


冬はやはり駆け足でやって来ました。

何カ月か振りに土曜日のお泊まりの旅人がいらっしゃらず、のんびり起きた本日・日曜日、目が覚めたら天気予報に無かったのに一面銀世界。しっかり積もるのはこの冬初めてです。十日前のうっすら雪化粧と比べたらだんだんと冬が深まってゆきます。

f0090019_1410898.jpg


しかしこの雪を楽しまない手はありません。自分で散歩してもよいのですがこういう時こそ八ケ岳自然ふれあいセンターのレンジャーによるミニガイドを、ということで早速でかけました。標高1130Mの拙宿で3CM少々なので標高1350M程の八ケ岳自然ふれあいセンター周辺は10CM近くの積雪でした。




さっそくミニガイドの出発です。レンジャーが最初に取りい出したるものは黒い布地。テーブルに広げ降り積もる雪の結晶の観察でした。カメラにマクロレンズつけてくるんでした!でも肉眼でもルーペでしっかり見ることが出来、空からの雪の便りを楽しませてくれました。いとも単純な観察ですが日頃忘れてしまった身近な自然をいかに大切にし、楽しむかを思い出させてくれました。

f0090019_14111540.jpg
f0090019_14113114.jpg



まだまだうっすらとした積もり方なので樅の木の梢に積もった雪はデザートに飾り付けた粉砂糖のようでした。こんなところでも来週に迫ったChristmasスペシャルのデザートのことが頭かはなれないのでした・・・
木の下から見た雪の積もった梢も素敵な姿です。

f0090019_14124398.jpg
f0090019_1421245.jpg



自然を愛し、大切にしているレンジャーの方々にとって自然からの贈り物は遊び尽くすことを知っています。しっかりと即興で雪うさぎの完成です。すぐ近くの冬木から兎の眼と鼻・口・耳を見つけてくるところはさすがです。

f0090019_14135123.jpg
f0090019_1414747.jpg




この一面の雪景色、もうすぐ杜もしっかりと雪に埋もれます。この時に備えリスたちはあちこちに杜の冷蔵庫を準備しているはず。どんぐりなどは土に埋めたり落ち葉に隠したり、松ぼっくりも雪の下落ち葉の下に隠されているかも、ということで松ぼっくり探し。
忘れん坊のリスたちが隠したドングリは置き去りにされ、やがてそこから芽が出て杜になってゆきます。

f0090019_14144631.jpg
f0090019_1415148.jpg


ほんのミニガイドツアーでしたが自然が大好きなレンジャー達に新しいまた忘れていたことなどを思い出させてもらった小さな旅でした。



そして今日日曜日十五時からは同じく八ケ岳自然ふれあいセンターで恒例の「私のブックマーク」(読書茶話会)が行われました。いつもは平日の夜に行われる会ですが毎回丁度旅人のお泊まりがあり久々の参加です。今日のお題は『アフリカ旅日記 ゴンベの森から』、勿論星野道夫さんの本で、亡くなる直前に脱稿した大型写真集をブレイクダウンした単稿本です。アフリカゴンベの森でチンパンジーの研究保護に半生をかけた女性ジェーン・グドールとともにこのゴンベの森を訪ねる旅が描かれています。普段アラスカがフィールドの星野さん、フィールドワークの大先輩ジェーン・グドールとの旅で素直に楽しそうです。機会があれば大型写真集の方を是非ご覧ください。
毎回夕方にかけてこの会場で行われると会の終盤は南アルプスの山々に落ちる夕陽が気になって気になって集中出来ません・・・八ケ岳南麓はいつどっちを向いても絶景です。

古代人が足を留めて住み着くのもわかります。

自分もそうしたように。

f0090019_14163481.jpg






それでは「良い旅を!」
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
[PR]

by gutereise | 2007-12-17 10:10 | 清里の杜より
2007年 12月 04日

冬支度その二


今年の紅葉は極彩色とお伝えしましたが特に美しかったもみじの光景です。これは十月最終週でした。もみじは八ケ岳南麓何処へ行ってもまれに見る美しさでした。

f0090019_13224484.jpg

















十一月一週目に入っても杜の散歩道で秋の名残がそこここに。
近年まれに見るもみじなどの美しさは落葉した後も美しさを保ち落葉の絨毯となり旅人を迎えてくれました。

f0090019_13233363.jpg
f0090019_13235083.jpg





















そして今年の遅い紅葉も終わりを告げる頃、杜の街は一気に冬が訪れます。冬支度本番です。清里を訪れる旅人もめっきり少なくなり静かな静かな山麓の自然と空気を住民達も肌で強く感じる季節です。異国の牧歌的な雰囲気が漂う我が街牧場通りも静かな自然に戻り紅葉たちはのびのびと彩りの秋の終演に向かっています。

f0090019_1324294.jpg






















そんな中我が街清里朝日ケ丘の住民に集合の号令がかかります。ことしも清里牧場通りの牧柵の更新作業を住民有志の手で行うのです。

f0090019_13251068.jpg
f0090019_13252424.jpg


















二十年近く前牧場通りの雰囲気景観の統一の為作られた通り沿い共通の柵が老朽化してきた為三年がかりで作り替えているものの三年目、ことしでひとまず作業は完了しました。


作業の帰りに山を見に行くと八ケ岳連峰の山々は冬の衣装を纏っていました。

f0090019_13275493.jpg



















翌朝ヒュッテ・グーテライゼ!はうっすらと白い化粧をしていました。冬は駆け足でやってきます。

f0090019_13282633.jpg




 














この清里朝日ケ丘班景観委員会の活動などはこちらをご覧下さい。

この街は素敵ですよ〜



それでは「良い旅を!」
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
[PR]

by gutereise | 2007-12-04 10:10 | 清里の杜より