Gute Reise !

gutereise.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 20日

春のお散歩


八ケ岳山麓もめっきり春めいてきました。とは言っても八ケ岳山麓標高1600m付近はまだ新芽も芽吹き始めたところ。標高1130mにあるグーテライゼの杜より二〜三週間は時季がずれています。その山麓へ軽いお散歩に行ってきました。小淵沢の直ぐ近く、八ケ岳高原ラインから観音平へ登る道を一気に。途中の落葉松の森は先にご紹介した可愛らしくも力強い新芽が一斉に吹き始めたところ。綺麗な新緑色が森一面に広がり新緑の宇宙空間を漂っているようです。観音平からは八ケ岳連峰編笠山等への登山口になっています。叉下界に目を向ければ南アルプスは勿論その間にある小淵沢から韮崎方面まで眼下に広がっています。

f0090019_9402996.jpg軽いお散歩と言うことで同じ標高部分を2.3km程行くと三味線滝があるので今日はそこまでを往復。芽吹き始めたばかりの山麓の森を歩き三味線滝に到着。小さな滝ですが三本細い滝が落ち、なるほど三味線です。ささやかなマイナスイオンをしばらくの間浴びていました。小さな虹が和ませてくれます。





登山道(登ってませんが)の脇には可憐な野の花が春の舞台に舞っていました。


f0090019_9361387.jpg









f0090019_9365251.jpg









f0090019_9371478.jpg













それでは「良い旅を!」
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
[PR]

by gutereise | 2007-05-20 10:10 | 清里の杜より
2007年 05月 10日

八ケ岳南麓の山桜たち


清里高原もゴールデンウィークが終わると待ち焦がれたかのように花々が咲き乱れ始めました。

f0090019_2330283.jpg

















里山も無数の緑色に新緑が輝き浮かび上がるようです。その中で山桜がぽつりぽつりとおくゆかしく山腹の新緑の杜に華を咲かせています。絶妙のバランスでそこここに映える山桜は自然のなせる「美」、誰も意識してデザインできるものではない。

八ケ岳南麓には山桜のような素敵な方が大勢いらっしゃいます。

そのなかでも命の力に溢れる季節にぴったりな方を今回ご紹介します。
清泉寮より坂を下りたところにある清里聖アンデレ教会の姉妹教会、日本聖公会・長坂教会(中央道長坂IC近く)の司祭
松村誠さんです。
星野道夫さんに影響を受け写真家を志し、アラスカまで星野さんに会いに行き星野さんは弟子をとらなかったので様々なアドバイスを頂いたようです。その後帰国して写真界の大御所故並河萬理に師事、今は教会の司祭をなさる傍ら八ケ岳南麓の自然を優しい眼で見つめ続けた写真を紹介し続けています。
その松村司祭が山梨日日新聞へ連載していた写真コラムを纏め直して「松村誠写真展」として八ケ岳自然ふれあいセンターで展示されています。


「松村誠」写真展 
4月25日(水)〜6月17日(日)  
  
内容
県立八ヶ岳自然ふれあいセンターでは今年度一年間を通じて
「生命(いのち)」をテーマとした展示や講演会などを展開して行く予定
その最初を飾るのは、長坂聖マリヤ教会・司祭の松村誠さんの
生命感あふれる写真の数々です。
(山梨日日新聞にて連載された写真と文章が30点づつ)
後援
山梨日日新聞

優しい写真と心温まるメッセージを是非ご覧ください



この可愛い新芽は落葉松(からまつ)の新芽です。

f0090019_23303424.jpg


















落葉松は字の如く、秋、葉が黄金色になった後全て落ち冬は冬らしい景色の中心になっています。その新芽は圧巻です。寒々しい樹影をよく見るとわずかながら新芽が出てくる準備をしている。あっという間に落葉松の森は無数の可愛い新芽がにょきにょきと命を芽吹きます。枯れ木色一色の森は一面命に溢れてゆきます。命の尊さ、力強さが体感出来る八ケ岳南麓の春です。




一輪の山桜がもう新緑が繁り木漏れ日となってきた春の陽を受け命を繋げています。

f0090019_23313115.jpg




















それでは「良い旅を!」
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
[PR]

by gutereise | 2007-05-10 10:10 | 清里の杜より