Gute Reise !

gutereise.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 22日

北杜の春


「コブシ咲くあの丘北国の〜」そうです「北国の春」の一節です。ここ清里の「北杜の春」もやって来ました。ヒュッテ・グーテライゼ!がある清里牧場通りのコブシも標高の低いエリアは満開です。

f0090019_13351047.jpg


移住して三回目の春、あれっ?今年コブシ早くないかい?古くからこの地に暮らす方々も今年は早い!と口々に。三月も、そして四月に入ってからも暖かい日が多く例年より早く元気な春になりそうです。

元気というのもここ二年雪の少ない清里にしても雪が異様に少なく、春を迎える植物にとって元気のもとが少なかったと思われます。

しかし今年の冬は久々の清里としては大雪の冬でした。「雪解け〜せせら〜ぎ」いい雪解け水が豊富な春です。


ヒュッテ・グーテライゼ!の樹木達の新芽もここ一、二年に比べて10日は早く芽が出たかなと思ったのもつかの間、21日は20℃に迫ろうかという暖かさ、一気に芽吹きが進みました。いつもながらエネルギッシュで可憐な新芽にレンズを向け続けました。

f0090019_13392452.jpg

f0090019_13394655.jpg

f0090019_1340483.jpg


さて、春といえば花、拙宿がある牧場通りも恒例の春を住民有志で植えました。先週4/14清掃美化作業を行い、本日4/21は第一回目の花植えの日です。これでゴールデンウィークに訪れる旅人を少しでも春景色でお迎え出来ます。まだ雪が残る八ケ岳連峰の山々も麓の暖かさと花の色香が伝わっていることでしょう。

f0090019_13422521.jpg

f0090019_1344599.jpg

f0090019_13442674.jpg

f0090019_1357415.jpg


牧場通りの花植えが終わってから宿周辺のレストラン・宿の共同看板の花植えをしました。このかっこいい共同看板のデザイン・製作を担当したのは森のレストラン・イゾルデのオーナーシェフです。もちろん植える花も彼のセンスです。フレンチの盛りつけに通じるものなのですね。彼の料理はよくあるちまちました食材を皿に並べるのでなくボリューム一杯の料理を絵画のようなそしてお花畑のように盛りつけにしてしまうアーティストです。そのレストランの庭園も勿論彼のセンスに溢れています。完全予約制のお食事が終わったあとはテラスでお茶して庭園のお散歩をお勧めします。

f0090019_1352523.jpg

そして宿の入り口にも花を植え始めました。勿論勿忘草中心です。植えたそばから蜂がおいしそうに勿忘草の花から花へと忙しく移り続けていました。

f0090019_1354331.jpg


昨年ビーツを育てる為にお借りした畑を今年の準備をする為に耕す作業を手伝いました。素人が手を出すと邪魔になりそうなところをわたしが堆肥や肥料を撒き、畑の主である近所のフレンチのシェフがトラクターで耕し、今年の畑の準備が一歩進みました。ゴールデンウィーク空けに畝を作りいよいよビーツの種植えです。
今年は同じ畝でルッコラも育ててみようと思っています。拙宿の夕食はイタリアンがベースです。その大切な要素であるルッコラ、しかし都会のスーパーと同じくらいいいお値段なのでいちいち購入していてはお飾りでしか使えません。
さて、ふんだんに「ルッコラのサラダ」として登場出来るか?

虫たちも大好物なので彼らとの競走が始まります。






それでは「良い旅を!」
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
[PR]

by gutereise | 2008-04-22 13:35 | 清里の杜より


     君は誰? >>