Gute Reise !

gutereise.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 16日

梅雨入り?


変な天候続きの今年、梅雨入りもいつもの年より遅かったですね。
丁度梅雨入り直前を狙ってヒュッテ・グーテライゼ!がある清里牧場通りの牧草地では一斉に牧草の一番刈りが行われていました。
刈った牧草を数日間天日に干して梅雨入りの雨の予報の直前に牧草をロールに纏めラッピングをする段取りをしていたようでした。
そこへ梅雨入りの雨が一日前倒しになる予報がでてしまい酪農家の方は大急ぎで雨に大切な牧草が濡れしまわないよう、雨が降る前にせっかく干した牧草をまとめる作業を深夜まで続けていました。

f0090019_182205.jpg

















いつもならシーンと静まり返っている深夜の高原にトラクターの音が響き渡っていました。

これも高原の生活の一つです。


こんな酪農家泣かせの慌ただしい梅雨入りとなったかと思えば、梅雨入りしてわずか二日程、目の覚めるような快晴のお天気!梅雨から夏にかけては空気中の湿気の為もあり清里から八ケ岳連峰がはっきりすっきり見渡せる日はほんのわずかです。それが梅雨入りして二日ほどで今までに見たことがないくらいの鮮やかなお天気に。いつものビューポイント八ケ岳高原大橋展望台から見た八ケ岳連峰、その南麓は見渡す限り深い緑の森が果てしなく続いています。

f0090019_18223130.jpg


















八ケ岳連峰は山々が並んでいるのではなく広ーいエリアに点在している山々が並んで見えるのです。そのエリアは野辺山〜小淵沢、中央道沿いに富士見〜原村、そして長野側に入り蓼科と大変広いものです。

何十万年か昔、この広いエリアを裾野とした巨大な富士山のような山がそこにあり、ある時大噴火が起こり富士山のような巨大な山は上が吹っ飛んでしまったようです。そんな時代の風景も是非見てみたいと思いますが・・・

下の写真のビューポイントは野辺山高原から見た八ケ岳連峰です。清里からほんの10km程離れるとこれだけ山並みが違って見えます。古代人たちは終の住み処を探す旅の途中どの山並みの風景に決めようかきっと悩んだことだと思います。

f0090019_18225641.jpg
























それでは「良い旅を!」
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
[PR]

by gutereise | 2007-06-16 10:10 | 清里の杜より


<< 農鳥(のうとり)      あっという間に宿屋は一周年! >>